アート&デザイン専門学校

HOME > イラストレーション科

face

2009年度卒業生 | 櫻本 将成

人にはいろんな人がいて、そのなかでお互い理解してわかりあえることは非常に難しいです。
自分のことを理解してもらうことやお互いのことを理解しあうためにも感情や表情などをしっかりもって伝えることが必要だと思います。
そのために、無表情では何も伝わらないことや、何を考えているかわからない怖さを自分の絵で表現して、1枚だけ感情がでてる表情を描き、感情や表情の大切さを伝えたいです。
 

56

2009年度卒業生 | 三瓶 佑樹

今回の制作がこの学校で行う最後の制作になるので今までの自分を振り返る作品を制作しようと考えました。振り返るためにどのような作品形態が良いか考え、同じ過去を振り返るもの『アルバム』を思い出し本の形態に決めました。
この作品には作品はもちろん僕の過ごした二年間の記憶が詰まっています。楽しかった事も辛かった事もたくさんあって全部は入りきらないけど、とにかくいろいろ詰め込んだ作品集を作りました。
 

このページのトップへ