アート&デザイン専門学校

HOME > CG科(現CGアニメーション科)

消滅と再生

2009年度卒業生 | 大河原 矛流

この2年間を振り返ったとき、3Dと2Dを使い星を制作し、動画で出力して表現することに決めました。
寿命を迎えた星が、最後にチリとなる流れに儚さを感じてもらえればと思います。
散っていく星の一部を受け継ぐことで、無駄ではないという希望を表現します。
星を人になぞらえて、新しく誕生することで儚さだけではなく希望も表現しています。

デモンズクライシス

2009年度卒業生 | 添田 則明

今まで学んできたことを生かして今度はそれをほかの人に提供していきたいです。
感覚がマヒしてしまい毎日を平凡に過ごしている人に迫力あるムービーで衝撃を与えもっと精一杯毎日を過ごしてもらいたいと思います。
3Dアニメーションで表現し、モンスターと騎士のバトルシーンのカメラアングルとエフェクト効果にこだわり、見ている人に迫力のある映像にします。
2年間学んできたことをフルに使って制作します。

このページのトップへ